2006年04月17日

ひぐらしのなく頃に解 罪滅し編プレイにゃりん

今更ながら
「ひぐらしのなく頃に解 罪滅し編」
やりましたー

本当は色々ゆっくりできるようになってから遣りたかったんですが
アニメでどこまでネタバレするか分からなかったので
慌ててやりましたよー
というわけで感想〜
勿論ネタバレます。
プレイ予定のある方はご注意。




総括。


結論としては大好きデス!
何よりも惨劇を回避できたことに賞賛を惜しみません!
「ひぐらしって絶対に報われない物語なんだな」
と諦めていただけにこの展開は喜ばしい。
私が今ひとつひぐらしを好きになれなかったは
結局最後は哀しい結末ばかりだったから。

それが覆るわけですよ!

痕における千鶴トゥルーの後に
Happyエンドがあったことくらい嬉しい、
と言うと評価しすぎかしら。


だって、
未来があるかもしれない!
素敵な皆が幸せに暮らせる未来が!


ミステリアスな一面を明かした梨花ちゃんバリに
そう思ってしまうわけです。

竜騎士07さんって報われない話が大好きなんだと思ってましたが、
今回の話でそうじゃないことが良く分かった。
ココまで膨大な時間と労力をかけて紡がれたお話は
全て最後に待っている大団円のためのオードブルだったと信じてる!

だからTIPS「悪魔の脚本」だって怖くなんかないやい!orz





後はいつもどおり冗長な感想をツラツラと。

初っ端の水鉄砲戦は大変面白かった!
ラストに繋がってるところもまたいい。
ラストは多少やりすぎだとは思いましたが
アレくらいの過剰演出はむしろ推奨w

レナがアッサリと殺人に手を染めるのや
"語り"がマッカッカになってくのは正直辛かった。
ちゅうか始めは寄生虫説が真相なのかと思って私も騙されてたw
34め!

結局鬼隠し編の種明かしとしては
「全部妄想」
ってことで、一人称の物語としては
ある意味最も性質が悪い叙述トリックかもですが
正直に言えばそれほどショックでもない。
僕らの好きなあのキャラクターは悪くなかったんだ!
って方が重要なのは結局萌え重視ってことですかそうですか。

あー、でもレナの代替とはいえ、
圭一くんを前科者にするのは正直いただけなかったかなー、
とは思いましたorz

物語の構成としては凄く巧いと思った。
トリックが「被害妄想」なら
種明かしはそれを客観的に綴るのが確かに最善。
そしてマルチシナリオの最大の武器を活かして
前回の加害者と被害者を逆転させるなんて普通は出来ない方法で!
これがあるからノベル系の作品は辞められない!
他のメディアとは物語への理解と愛着が一線を画します!!!

でも今回の話は戯言風に言えば
『ジェイルオルタナティブ』と『バックノズル』を正に体現してる感じが凄く厭w
TIPS見る限り、結局「雛見沢村ガス災害」は起きてるみたいだし!orz
でも2つが繋がって一つになってるのにこそ意味がある気がする。

続き早く読みたい!

よっぽど皆殺し編やろうかと思いましたが
今日は余韻に浸ってます。

来週の土日を楽しみにー!
posted by Happy Go Lucky at 01:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/567732

この記事へのトラックバック

「ひぐらしのなく頃に」と「ARIA The NATURAL」がコンシューマ版ゲーム化
Excerpt: 「ひぐらしのなく頃に」と「ARIA The NATURAL」は、どっちも今期アニ
Weblog: 暇人よりお知らせ?
Tracked: 2006-04-17 06:33